上映会報告

2022.06.01

北海道の報告(2022年4月分~)

2022年10月30日(日)
主催:札幌聴覚障害者協会(西区『咲む』上映会実行委員会)
会場:札幌市身体障害者福祉センター
来場者数:171名

寒い季節なので、体育館が寒かったです。もっと早めに暖房を付けるようにするべきでした。
今回、耳の聞こえない人だけでなく、視覚障害者、肢体障害者、他の障害を持った方等、様々な障害者が来場され、逆に気づかされたことが多くありました。
来場者からは「とても感動した」「自分の親子関係を思い出し泣いてしまった」「聴覚障害者が働いている会社の役職者に観てもらいたい」「挫けないで新しい事をやっている姿が素晴らしかった」「障がいは乗り越えるものではなく、前進するだけ。名言ですね。早瀬監督のメッセージ強く感じました」と好評であり、ティッシュで目を拭う方も少なくなかったことから、心が震える良い映画でした。
観て終わりではなく、自分たちも何か出来ることを取り組んでいくように意識してまいります。


2022年10月15日(土)
主催:札幌聴覚障害者協会(『咲む』南区上映会実行委員会)
会場:南区民センター 区民ホール
来場者数:114名

映像・音響装置の確認作業を事前に3回行い問題なく上映できました。
当日、天候は曇り空でした。会場内の換気は部屋の上部の窓を開けてあり室内は少し寒かったです。
6日前の実行委員会でチケットの販売数が56枚と少なくすごく不安でしたが、最後まで諦めないで前日に南区保健福祉課介護障がい者担当課長のところに行き「急で申し訳ありませんが、明日、上映会を開きます。ご都合よろしければ観にいらしてください。」とお誘いしました。嬉しいことに当日、若い職員と一緒に来てくださいました。「素晴らしい、良い映画でした。」と感想をいただきました。
元支部会員、元サークル会員たちへの呼びかけが功を奏して同窓会のような雰囲気でとても喜ばれました。
実行委員が道新「さっぽろ10区」に上映会情報を掲載しました。当日、鑑賞者が予想外に多く収益的に安定しました。

【来場者の感想】
・胸に響きました。母八重の気持ち、父充の気持ち、何より主人公瑞月の前向きな気持ちが綺麗ごとでなく、描かれていて心揺さぶられました。どうか、この映画が沢山の方たちに観てもらえますように。
・思っているのと違って・・・感動しています。人のめぐり合わせ・人の底力など・家族のむずかしさ、こだわりなど、反省することもあります。前に進みます。ありがとう。
・久しぶりに素敵な映画を観る機会に巡りあえました。ありがとうございます。いろいろ考えさせられました。いろんな人たちにチャンスはあると再確認し勇気をもらえました。


2022年10月10日(月・祝)
主催:札幌聴覚障害者協会(手稲区上映会実行委員会)
会場:手稲区民センター ホール
来場者数:103名

雨天の為、人の集まりがあまり良くありませんでしたが、帰り際、参加者から実行委員に向けて感動したとの声を多く頂きました。
また、映画の中には無音のシーンが取り入れられ、ろう者の音のない世界、感じ方を表していたのが印象的だったとの声もありました。 再上映会や次回作など有れば、ろうについて知ってもらえるのではと思いました。


2022年10月10日(月・祝)
主催:札幌聴覚障害者協会(『咲む』北区上映実行委員会)
会場:北区民センター 区民ホール
来場者数:151名

支部役員の皆さんと協力し合いながら、北区役所、北区民センター、サンプラザホテル、北海道大学、各地区センター、各施設等にポスターを貼って頂き、一般市民の方も何人か来てくれました。
支部役員の皆さんが多くの知り合いにLINEメール等で呼びかけしました。随時、チケット販売経過報告もしました。おかげ様で多くの鑑賞者が来てくれました。また、各手話サークルにも一生懸命呼びかけ協力していただきました。
鑑賞者より「ろう者の主人公の前向きな生き方に感動しました」、「様々な立場の人に寄り添って、心に届く言葉や手話も沢山あり感動しました」という声が寄せられました。
一人でも多くの人達にろう者の生き方、手話言語という社会を知ってもらうことも大切だと思います。


2022年10月8日(土)
主催:小樽地域上映会実行委員会
会場:小樽市民マリンホール
来場者数:176名

多くの観覧者から大変良い映画だったと温かい言葉をいただきました。
特に小樽市長は最後まで観覧いただき、一般の映画よりも大変素晴らしい、感動を受けましたとお褒めの言葉をいただきました。


2022年9月4日(日)
主催:札幌聴覚障害者協会(『咲む』上映会豊平区支部実行委員会)
会場:札幌市豊平区月寒公民館
来場者数:86名

多くの鑑賞者が来てくれることを期待しましたが、コロナ禍の影響のためか、少なかったかもしれません。
上映会の普及活動では、厚別区新札幌サンピアザのFMドラマシティにて映画をPR、月寒中央通の町内会、西岡八幡の町内会などでPRしました。

【来場者の感想】
・村の活性化に貢献していく様子、家族関係にいろいろ問題があり克服していく所が感動しました。
・主人公の前向きな生き方に感動しました。
・様々な立場の人に寄り添って、心に届く言葉や手話も沢山あり、障害は乗り越えられなくても、ただ前に歩くだけというようなことが伝わりました。


2022年7月3日(日)
主催:北海道ろうあ連盟
会場:室ガス文化センター(室蘭市文化センター)大ホール
来場者数:174名

会場の室蘭市の手話関係者はもとより市長や福祉課長等、普段手話や聴覚障害者とかかわりのない一般市民の方や近隣の地域の方にもご来場いただきました。
市外からの関係者より、とても良い内容だったので自分の地域でも上映会ができるよう働きかけたいと感想をいただきました。


2022年6月26日(日)
主催:映画「咲む」釧路上映会実行委員会
会場:コーチャンフォー釧路文化ホール(釧路市民文化会館)
来場者数:310名

ほとんどの方から「とても良かった、感動しました」と声がありました。内容的に、人とのふれあいも素晴らしかったという声もありました。


2022年6月13日(月)
主催:北海道ろうあ連盟・手話を広める北海道議会議員連盟
会場:かでるホール
来場者数:23名

耳のきこえない、きこえにくい方への向き合い方だけでなく、その他の障がいを持つ方についても考えさせられ、非常に心に残る作品でした。


2022年5月15日(日)
主催:上川北郡聴覚障害者協会・名寄手話の会・名寄市社会福祉協議会・名寄市ボランティアセンター
会場:名寄市民文化センター EN‐RAYホール
来場者数:100名

映画上映前には、第一部シンポジウム「咲顔溢れる社会を目指して」を実施し、障がい当事者や街づくり活動を行う実践者からお話いただき、誰もが暮らしやすい社会に向けた機運を高めることができました。その後映画上映では、ご来場者から「感動しました」とても良い映画でした」と感想をいただきました。ご来場の皆様に満足していただけたと感じています。
新型コロナウイルス感染防止対策として、スタッフがマスク、フェイスシールド、ゴム手袋を着用し、またご来場者の検温、座席やロビーのソーシャルディスタンスなどを徹底し、スムーズに運営することができました。

都道府県別