キャスト・スタッフ

平子ひらこ瑞月みづき

  

平子家長女。ろう者。

  

看護師国家試験に合格し、いろいろな病院の面接を繰り返すがなかなか就職が決まらない。

  

藤田ふじた菜々子ななこ

静岡県出身。浜松ろう学校中学部1年生のとき、NHK「中学生日記」の全国オーディションに合格し、出演。愛知淑徳大学メディアプロデュース学部ではライティングを専攻。趣味は珈琲、特技はフラダンス。

平子ひらこみつる

  

瑞月の父親。久仁木村生まれのろう者。

  

高島たかしま良宏よしひろ

日本ろう自転車競技協会代表理事、トライアスロン(全日本トライアスロン宮古島大会、カナダアイアンマン、NZアイアンマン等に参加)、中級身障者スポーツ指導員、・水泳指導員 1998年 自叙伝「音のない世界から~遥かなるゴールへ」(ダイナミックセラーズ出版) 2008年 7月 TBS系「風の歌が聴きたい~音のない世界に生きる 聴覚障害者夫婦の16年~」(第25回ATP賞テレビグランプリ2008 ドキュメンタリー部門優秀賞、総務大臣賞)

平子ひらこ愁子しゅうこ

  

瑞月の母親。ろう者。

  

すずまみ

日本ろう者劇団1996年入団。同年アトリエ公演「デフ・パラダイス」でデビュー。 手話狂言、創作劇に多数出演。1998年イスパシオ「乗合馬車のキップ」、 2000年みずノ卵公演vol3「コクトーの遺言」、2002年風の市プロデュース・シアターX提携公演「雨月」、 2002年演劇企画室千里魚眼「アルトーの黙示録」、2010年劇団しゅわえもん「ブンナよ、木からおりてこい」 2011年「あらしのよるに」、2017年うごく作品VOL.1、2019年VOL.10、2019年濃淡公演VOL.01に参画。旅が芸の肥やしとなっている。

平子ひらこはるひ

  

瑞月の妹。両親、姉ともにろう者の家庭に生まれた、きこえる女の子。

  

山中やまなか蓮媛れおん

長崎県出身。書道特待生、全国手話検定試験2級、実用英語技能試験4級、日本漢字能力検定4級。好きな教科は、理科、数学、音楽。

平子ひらこ八重やえ

  

瑞月の祖母。久仁木村生まれ。

  

しまかおり

大阪府出身。1960年映画「予科練物語 紺碧の空遠く」でデビュー。ドラマでは2008年フジテレビ「コードブルー-ドクターヘリ緊急救命-」、2011年「新春東京ツアーどえりゃあ婆ちゃん探偵団」、2016年WOWOW「この街の命に」、2017年フジテレビ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」などに出演。映画では2013年「ペコロスの母に会いに行く」や2014年「相棒-劇場版Ⅲ-巨大密室!特命係絶海の孤島へ」ほかで活躍。

田辺たなべウメ

  

八重の家の隣に住む幼馴染。

  

おかみつ

東京都出身。1968年日活に入社。1970年TBSポーラテレビ小説「オランダおいね」でTV大賞新人賞を受賞。映画「キッズリターン」、「かずら」、「相棒-劇場版Ⅱ-警視庁占拠!特命係の一番長い夜」、「ラブ・ストーリーを君に」、「BU・SU」、「夏の秘密」、「復活の日」、「げいにん!THE MOVIE」等に出演。数多くのTVドラマにも出演し、映画「マディソン郡の橋」、海外ドラマ「アリー my Love」では吹き替えも担当。

猪口いのぐち重孝しげたか

  

冨口地区会長。元花農家

  

佐藤さとう蛾次郎がじろう

大阪府出身。1979年円・演劇研究所入所。映画「男はつらいよ」全シリーズで活躍する。2010年「おとうと」、2014年「捨てがたき人々」など多数出演。テレビでは1968年フジテレビ「男はつらいよ」シリーズ、NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」や2011年TBS「JIN-仁-」などに出演。舞台出演も多数。趣味は料理、写真、小唄。

福本ふくもとしょう

  

久仁木村観光復興課。大学の時に手話を学ぶ。

  

田中たなか康寛やすひろ

熊本県出身。趣味は、手話、ギター、写真、ものまね。特技は、空手、水泳、ハンドボール、書道。空手初段、水泳3級(2003年県大会出場)、普通運転免許、書道八段。 TV、舞台等で活躍。

加古川かこがわ次郎じろう

  

昔から営んでいる卵農家。

  

赤塚あかつか真人まこと

茨城県出身。1967年日本テレビドラマ「でっかい青春」でデビュー。その後は「奥さまは警視総監」「おとり捜査官・北見志穂14」「科捜研の女」「相棒12」など多数のドラマに出演。映画「幸福の黄色いハンカチ」「男はつらいよシリーズ」など山田洋次監督作品で活躍。劇団裏長屋マンションズの座長として、舞台の演出・脚本も手掛けている。

加古川かこがわ敏江としえ

  

次郎の妻。障害のある一人娘を溺愛している。

  

宮下みやした順子じゅんこ

東京都出身。1971年女優デビュー。映画「こどもしょくどう」「おみおくり」「わるいやつら」「雲霧仁左衛門」「ダイナマイトどんどん」「赫い髪の女」、テレビ「55歳からのハローライフ」「八重の桜」「科捜研の女4」「夜明けのタンゴ映画」等多数出演。幅広いフィールドで活躍。

加古川かこがわリュウ

  

加古川次郎・敏江の娘。生まれつきの骨形成不全症。

  

伊是名いぜな夏子なつこ

沖縄県出身。コラムニスト。骨が折れやすい障害「骨形成不全症」のため、電動車いすを使用。身長100cm、体重20kg。パートナーと5歳、3歳の子どもの4人暮らし。家事や育児を10人のヘルパーと共に奮闘中。「助け合う」をテーマに、16歳から講演活動もしている。2019年5月、著書「ママは身長100cm」 を上梓。
監督・脚本・翻訳

早瀨はやせ憲太郎けんたろう  教育者・映像作家

  

奈良県出身。ろう者。1997年にろう児対象の国語専門学習塾「早瀬道場」を設立して塾長に就任。大塚ろう学校の早期教育相談指導員として映像教材を制作したことをきっかけに、ろう児のための映像教材・映画、ろう者をテーマとした映画等の制作に携わる。2004年に大塚ろう学校の生徒とともに制作した「あきらめないで」で聴覚障害者映像フェスティバルin嵯峨野の聴覚障害者映像大賞を受賞。2006年には、制作・脚本を務めた「迂路」(大舘監督)がトロントろう映画祭最優秀賞を受賞した。 2009年には全日本ろうあ連盟60周年記念映画「ゆずり葉」、2013年には東日本大震災と障害者をテーマにしたドキュメンタリー映画「生命のことづけ」の監督。 2007~2014年にNHK「みんなの手話」講師を、2016年にNHK「みんなで応援!リオパラリンピック」、2018年にNHK「みんなで応援!平昌オリンピック・パラリンピック」のキャスターをそれぞれ務める。 2013年、自転車競技選手として、ソフィアデフリンピックの日本代表、自転車競技選手団の監督も務めた。2017年、トルコデフリンピック自転車競技スプリントで6位入賞。
◆映像作品等
教材ビデオ:「絵本であそぼ」(制作2001年)
映画・ドラマ: 「先生」(制作2001年) 「君は誰?」(制作2002年) 「ドキドキニュース」(制作2003年) 「あきらめないで」(制作2004年)聴覚障害者映像フェスティバルin嵯峨野聴覚障害者映像大賞 「迂路(うろ)」(制作・脚本2006年)トロントろう映画祭最優秀賞 「ハワイに行きたい」(制作2006年) 「ゆずり葉」(脚本・監督2009年)※全日本ろうあ連盟創立60周年記念事業 「生命のことづけ」(日本障害フォーラム製作・監督 2013年)
テレビ番組: 「わんぱく子ども放送局」(目で聴くテレビ制作・プロデューサー)
DVD: 「ろう児のための手話絵本読み聞かせDVD」(静岡県聴覚障害者協会製作監督・出演 2012年~2019年)

製作総指揮:石野富志三郎  プロデューサー:久松三二 新井英夫

音楽:小林洋平  撮影:猪本雅三(J.S.C)  照明:奥村誠  録音:郡弘道

美術:津留啓亮  装飾:平川泰光  編集:山崎梓  スクリプター:吉田久美子

ラインプロデューサー:武田千明  制作担当:富田政男  衣装:宮本まさ江

ヘアメイク:オオクボエミコ  スチール:田中敦美  制作プロダクション:株式会社ターゲット

エンディング曲・歌:夏川りみ  題字:金澤翔子