上映会報告

2022.05.31

福井県の報告(2022年4月分~)

2022年10月1日(土)
主催:鯖江市聴覚障害者友の会
会場:鯖江市文化センター
来場者数:132名

9月23日の手話言語の国際デーがきっかけで、手話に対する意識が高まり、地元手話サークルによる寸劇を上演しました。「聴覚障害者の現状(不利)と理想」を発表してもらい、絆を深めるきっかけの一つになりました。
又、手話言語条例3周年イベントとして『咲む』上映会が大きな反響を呼びました。
コロナの影響で人々がろうあ運動から遠ざかってしまわないか心配し、参加の呼びかけに大変苦労しましたが、当日は多くの方々に参加していただくことができました。

【来場者の感想】
・映画が始まる前の手話教室、楽しかったです。映画でシーンとなったシーンで、耳の聞こえない人の感じ方を共感できて、涙が出ました。素敵な時間を共有できてありがとうございました。
・手話言語の必要性がわかり、この世が当たり前のような時代になるよう、頑張っていきたいです。
・祭りの孤独の場面では少しは腹が立ったので、自分のことも含めて気遣いしておかないといけないなと思いました。
・なんの予備知識もなく鑑賞しましたが、とても感動しました。主演の女優さんの表情がすばらしく、声を出さなくとも伝わってくることが多くありました。映画の途中1分ほど音が消え、聞こえない人の世界を体感する場面がありましたが、「聞こえないということ」がどういったことなのか改めて気づかされました。


2022年9月23日(金・祝)
主催:坂井市聴覚障害者協会
会場:ハートピア春江
来場者数:213名

上映会だけでなく、手話言語条例制定3周年記念イベントと重ねて開催できたことは良かったと思います。
展示パネルコーナーや手話の体験教室を設け、多くの方々に見てもらえました。又、同日9/23は手話言語の国際デーの日であることでブルーライトアップ(別会場・ゆりの里)の活動もアピールできて、市民に知ってもらえる良い機会となりました。

【来場者の感想】
・今まであまり考えてこなかったろう者のこれまでの人生とか社会とかいろいろと考えさせられ、とてもよかったです。社会全体がもっと優しい社会になったらと思います。

・知人が午前中の上映に来られて、素敵なお話と思い、来ましたが、本当に良い作品でした。

都道府県別