お知らせ

2021.12.29

北海道の上映会報告

11月28日 旭川市上映会

11月28日(日)『咲む』旭川上映実行委員会主催による上映会が、旭川市建設労働者福祉センター(サン・アザレア)で開催され、352名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

 

9月26日に上映会をする方向でチケット販売に取り組んできた矢先の緊急事態宣言発令のため、会場が使えず日程変更をせざるを得なくなり、急きょ11月28日(日)に実施しました。2ヶ月間という短期間の中のチケット販売運動は、実行委員らの口コミ、訪問などを実施した結果、想定外の300人以上が見に来て下さり、改めて「連携」の強さを感じました。

旭川市手話言語に関する基本条例制定5周年記念事業を併行したことにより、障害福祉課の方にも受付などの担当をして頂きました。当日は午前の部のみ新しくなられた旭川市長が自ら名前を手話で挨拶しようと思ったものの、表現方法が思いつかず、鑑賞者と一緒に表現するなど和やかな雰囲気が見られました。

鑑賞者からのアンケートは、殆どの方が「感動した」、「もう一度見たい」というたくさんの声が寄せられました。

〈来場者の感想〉

 

  • 表情に吸い込まれました。また見たいと思いました。地上波で放送して欲しいです。
  •  

  • 主人公の明るい姿勢で村おこしに貢献するストーリーが共感すると同時にろう者が社会的に受けてきた優生保護法による差別的対応などの歴史的背景も描かれ、とても良い作品だと思いました。教育用視聴覚教材としても活用できればと思いますのでDVD化を望みます。
  •  

  • ろう者であってもそうでなくても大事なのは相手を思いやる気持ちや相手の立場を考えられる事だと思いました。コミュニケーションツールとして手話がとても重要だとこの映画をみて感じました。誰とでも心が通じ合える社会が広がってほしいと思います。

7月17日 札幌市上映会

7月17日(土)、札幌聴覚障害者協会主催による上映会が、北海道立道民活動センターで開催され、226名の方々に『咲む』をお楽しみいただき、ご来場の皆さまよりご好評をいただきました。

電子チケット、紙チケット両方の販売を行うことができてよかったです。