お知らせ

2021.12.21

大阪府の上映会報告

11月23日 松原市上映会

11月23日(火・祝)松原市聴力障害者協会主催による上映会が、ゆめニティまつばらで開催され、108名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

 

内容がすごく良くて、涙が出るくらい感動したという声が多かったです。
『咲む』を鑑賞したのは2回目の方も多くいました。

9月19日 大阪狭山市上映会

9月19日(日)大阪狭山市「咲む」実行委員会主催による上映会が、SAYAKAホールで開催され、138名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

 

緊急事態宣言の中での開催で、厳しい状況でしたが、最後まで頑張りました。

〈来場者の感想〉

  • 感動して泣きました。
  •  
  • いい映画でした。
  •  
  • 大学生など、若い人に観てもらいたいです。

7月31日 東大阪市上映会

7月31日(土)、東大阪市身体障害者福祉協会聴言部会主催による上映会が、東大阪市立男女参画センターイコーラムホールで開催され、188名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

コロナ禍の中、手話サークルが休会状態で以前のようにサークル員をとおしてのよびかけが難しい中、東大阪市や教育委員会、医師会などいろいろな団体に後援名義を承認していただいたおかげで、宣伝することができました。
市長にご挨拶に来ていただきました。日本ろうあ連盟のコロナ対策マニュアルのおかげで、感染防止の対策をしつつ、スムーズに進めることができました。客席では泣いている声も聞こえたときこえるお客様からも教えていただきました。

上映会の様子

実行委員会

野田市長

上映会の様子
実行委員会
野田市長

<ご来場者の感想>

  • きこえない人だけでなく、いろいろな人が出て考えさせらせた
  •  

  • 今までの映画とは違い、自然な演技が良かった

4月11日 富田林市上映会

4月11日(日)、富田林市『咲む』上映会実行委員会主催による上映会が、富田林市すばるホールで開催され、188名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

まん延防止等重点措置期間の中での上映会でしたが、感染防止ピクトグラムを提示するなど新型コロナウイルス感染防止対策を十分に施したうえで開催しました。

開催にあたって、富田林市長吉村善美(よしむらよしみ)様より、「以前に『段また段を成して』という映画を観たとき、差別と偏見と闘い、石段を一段一段登るように進めてこられた運動のすごさを感じ、それ以来、障害者に寄り添うだけでなく、誰ひとり残されることのない包摂的な社会の実現に向けていきたい」とご挨拶をいただきました。また、富田林市議会議員、柏原市議会議員の皆様にもご鑑賞いただきました。

鑑賞後、ご来場者から「観てよかった。もっと、たくさんの人たちに観てもらいたい映画である。」「感動的な映画より、共感させられる映画だった」等、多くの感想を頂戴しました。

泉州聴覚障害者センター「なんなん」、重度重複聴覚障害者通所施設「あいらぶ工房」の授産物品や『咲む』書籍等の各販売コーナーも好評でした。