お知らせ

2021.09.27

神奈川県の上映会報告

8月29日 横浜市上映会

8月29日(日)横浜市聴覚障害者協会主催による横浜市上映会が横浜市磯子公会堂で開催されました。

新型コロナウイルス感染症拡大のため、緊急事態宣言が発令されましたが、磯子公会堂は古いがきれいな施設で、会場全体を一方通行とし、新型コロナウィルス感染予防対策を講じながら準備を進めました。
磯子区議員や磯子区聴力障害者福祉協会の協力をいただき当日はスタッフとして会場整備や受付などの応援をいただき、午前と午後ともに無事に上映会を実施し参加者には大変好評をいただきました。

上映会終了後には早瀨憲太郎監督によるオンラインの挨拶があり、その中でミルキーの宣伝をしていただいたお陰で完売となりました。
またスタッフがステージに立って、募金のご協力をお願いしたきっかけにたくさんの募金もいただきました。

早い段階で地元議員の先生に映画宣伝のご協力をいただき緊急事態宣言中ながら100人を超える観客を集めて無事上映会を成功させたことは、今までの上映会の経験による賜物です。
経験を積み重ねながら今後の上映会に繋げていきたい。

6月27日 横浜市上映会

6月27日(日)、横浜市聴覚障害者協会主催による上映会が、横浜市で開催され、212名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。午前11時からと午後2時からの1日2回の上映を実施いたしました。

新型コロナウィルス感染対策を徹底していくよう準備を進めた。金沢公会堂は新しい施設のため,一方通行の動線がスムーズで全日本ろうあ連盟製作の新型コロナウィルス感染防止対策ガイドラインに沿って対策を講じました。準備段階から金沢区の3人の議員の告知協力をいただき、当日は2校の大学から9人の大学生がボランティアとして会場整備や受付などにご協力いただきました。ステージに立って募金のご協力をお願いしたことでたくさんの募金のご協力をいただきました。

講師の早瀨憲太郎さんには午前と午後両方、上映後に舞台にてご挨拶をしていただきました。映画に対する観客の反応も非常によかったと思います。

5月4日 茅ヶ崎市上映会

5月4日(火)、茅ケ崎市聴覚障害者協会主催による上映会が、茅ケ崎市民文化会館で開催され、午前・午後の部合わせて380名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

本年1月に茅ケ崎市聴覚障害者協会、茅ケ崎市手話通訳者連絡会、藤沢市聴覚障害者協会、寒川町聴覚障害者協会、茅ヶ崎市手話サークル連絡会をメンバーとした上映会実行委員会立ち上げ、茅ヶ崎市長、茅ヶ崎市社会福祉協議会と茅ヶ崎市教育委員会、一般社団法人4Heartsから後援名義の承認を受けたほか、県議会議員や市議会議員の協力を受けました。

地元情報誌タウンニュース社の取材や、市議会議員が運営するYouTubeや、個人のFacebookなどSNSを活用した事前告知を実施し、要員38名とともに、380名のお客様を迎えることができました。

茅ヶ崎市長のご挨拶、国務大臣河野太郎衆議院議員からの祝電もあり、皆様にご満足いただけた上映会となりました。

1月17日 平塚市上映会

1月17日(日)、平塚市聴覚障害者協会と公益社団平塚法人会共催による上映会が平塚市中央公民館大ホールで開催され、176名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

緊急事態宣言中でしたが、事前に緊急連絡先リスト作成、受付時のフィジカルディスタンス確保、手の触るところの消毒など徹底した感染防止対策を行い、ご来場者にも検温、マスク着用、チケットのウェブ購入などに協力していただきました。

緊急事態宣言中でもしっかり感染症対策を施したことで、ご来場者から感動・感謝の声を頂戴したことにより、今後の上映活動に自信と弾みがついた一日でした。

12月12日 横浜市上映会

2020年12月12日(土)、横浜市聴覚障害者協会主催による上映会が、横浜市で開催され、274名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。午前10時半からと午後1時半からの1日2回の上映を実施いたしました。

早い段階で告知していたことでチケットが順調に売れ、午前と午後ともに満席(定員の半分)となりました。動線をよりスムーズにしたことにより、新型コロナウィルス感染防止対策をスムーズに行うことができました。