お知らせ

2021.05.18

福井県の上映会報告

4月10日 越前市上映会

4月10日(土)、福井県ろうあ協会・越前市聴覚障害者協会・越前市主催による「越前市みんなの心をつなぐ手話言語条例1周年記念イベント 上映会」が、越前市文化センター大ホールで開催され、353名の方々にトークショーと映画『咲む』をお楽しみいただきました。

記念イベントにむけて、市役所・市議会議員・社会福祉協議会・手話サークル(スタッフ60名)が1つになりチケット販売、広報宣伝、多くの動員にご協力いただきました。また、新型コロナウイルス感染防止対策を十分に施し、皆様に安心してイベントをお楽しみいただくことができました。

トークショーゲストに『咲む』監督・早瀨憲太郎氏と主演・藤田菜々子氏を迎え、手話言語の魅力と映画に対する思いを語っていただき、最後には会場が一体となって「拍手」の手話でトークショーが終了しました。

映画上映にあたり、奈良俊幸越前市長と三田村輝士市議会議長が手話言語で挨拶されたので会場の皆さんはびっくりされていました。

ご来場者には、参加プレゼントとして消しゴムを彫刻刀やカッターなどで彫った手作り消しゴムハンコを押した袋に地元の有名なお菓子を入れてお渡ししました。きこえる人もきこえない人も一緒になり準備をし、多くの方々に喜んでいただけるイベントを開催できたことは本当によかったと思います。

早瀨監督・藤田菜々子さん

イベント・ろう学校のこどもたち

越前市長の手話挨拶

子どもたちと記念撮影

越前市・奈良俊幸市長と早瀨監督

参加プレゼント①

参加プレゼント②

早瀨監督・藤田菜々子さん
イベント・ろう学校の子どもたち
越前市長の手話挨拶
子どもたちと記念撮影
越前市・奈良俊幸市長と早瀨監督
参加プレゼント①
参加プレゼント②

<ご来場者の感想>

  • とても良い映画で、いろんなメッセージを感じた。
  •  

  • 早瀨監督・藤田さんのトークショーにろう学校の子どもさんが登場し手話で会話しているのが可愛らしかった。
  •  

  • 早瀨監督が子どもたちに丁寧に質問に答えていたのがよかった。
  •  

  • すごく感動した、もっとたくさんの人にみてもらうべき映画!
  •  

  • 監督さんがご苦労されたのがすごくわかる。
  •  

  • 感動と感謝の気持ちでいっぱいです、これからも手話をたくさん覚えていきたい。
  •  

  • 映画をみてろう者の気持ちが少しわかった。
  •  

  • コロナ禍で色々な行動が制限される中、久しぶりに「人」との交流ができ、素敵な映画を観ることができて本当によかった。
  •  

  • 女優藤田さんの演技に感動しました、色紙を書いてくださりとても優しい方でした。

3月13日 福井市上映会

3月13日(土)、『咲む』福井市上映会実行委員会主催による上映会が、フェニックスプラザ小ホールで開催され、157名の方々に『咲む』をお楽しみいただきました。

新型コロナウイルス感染予防対策として、会場の消毒、座席のソーシャルディスタンス確保、販売ブース・受付では飛沫防止シートを設置し、ご来場者の検温・消毒などの設定や連絡先カード記入を実施しました。

ご来場者からは「音が急になくなる場面があり、聞こえない世界を経験できる演出が良かった」 「感動して涙が止まりませんでした。」などの感想を頂戴しました。

また、映画の主人公、平子瑞月の両親役を演じた、高島良宏さん(平子充役)、鈴まみさん(平子愁子役)、お二人のトークショーが行われ、映画の楽しい裏話に会場は大いに盛り上がりました。