お知らせ

2021.01.20

12月13日船橋市薬円台公民館上映会

12月13日(日)、千葉県聴覚障害者協会主催による上映会が、船橋市薬円台公民館講堂にて開催され 92名の方々にご来場いただき、『咲む』をお楽しみいただきました。

新型コロナウイルス感染防止対策として、講堂のドアを一部開けて換気、ソーシャルディスタンスを保つ座席間隔、入口では、手指消毒用消毒液設置、検温実施、参加者名簿の作成、スタッフはフェイスシールド・マスクの着用等、常に注意しながら行動しました。

 

感動で胸がいっぱいで目頭を押さえている姿、真剣にご鑑賞いただいている姿などが見られ、コロナ禍で大変な状況ですが、上映会を開催して本当によかったと思う一日でした。

お客様の感想

  • とても素晴らしい映画でした。コロナ禍で大変な中、貴重な上映会を開催していただき、ありがとうございました。
  •  

  • 聴覚に障害を持つがゆえの困難や苦しみ、様々な感情が伝わってきました。また障害に対する理解がなかった時代背景など深い内容に考えさせられました。そして、苦しくても辛くても負けずに前向きに努力し続ける主人公のひたむきな姿に心を打たれました。
  •  

  • きこえないという苦しみはもちろん、周りに理解してもらえない悲しみ、自分の生い立ち、話の輪に 入れない寂しさなどに同感しながらも主人公のあきらめない信念はどこから出てくるものか感心しながら見させていただきました。家族愛、村民とのふれあいに包まれたいい映画でした。
  •  

  • 『咲む』を観てタイトル通り咲く花のように周りを元気に明るくしていく前向きな主人公の瞳が印象的。障害の有無、暮らす地域、親子など人々がお互いを受容することが大切だと感じました。
  •  

  • 『咲む』は聴覚障害者の活躍の範囲をさらに広げる可能性を示した映画だと思います。続編を見てみたいですね。
  •