お知らせ

2020.11.18

11月8日鳥取県米子市トークショー&上映会

2020年11月8日(日)、鳥取県聴覚障害者協会主催による人権講演会(トークショー)&上映会が、米子市文化ホールにて開催されました。

上映会は午前の部と午後の部の2回実施し、合わせて342名の方々にご来場いただきました。

検温・アルコール消毒・座席のフィジカルディスタンスなど感染症対策を万全にし、皆様に安心してご鑑賞いただくことができました。

映画に対しては、「きこえない、きこえにくいことやさまざまな障害も関係なくとても感動する内容の深い、いい映画だった」と高い評価をたくさん頂戴しました。

午前の部と午後の部の合間に人権講演会(トークショー)が開催されました。

トークショーには、きこえない人34名、きこえる人85名、合わせて119名の参加がありました。

ゲストに早瀨監督、藤田菜々子さん、平井鳥取県知事をお迎えし、鳥取県協会の石橋事務局長がファシリテーターとなりトークショーが展開されました。

平井知事は、お仕事の都合で30分の時間制限がありましたが、知事のジョークや撮影秘話が披露され、会場内は終始楽しく和やかな雰囲気でした。

早瀨監督と鳥取県の『縁』を知り、ご来場の皆さまもとても親近感がわいたようです。

参加された皆さんのお話しがとても上手で、あっという間に時間が過ぎました。

鳥取県:平井知事

米子市:伊木市長

鳥取県:平井知事
米子市:伊木市長

お客様の感想

  • 平井知事との掛け合いが大変面白かった。
  •  

  • 映画を作る過程の話が聞けて良かったです。80周年記念映画が楽しみです。
  •  

  • 奈良と鳥取が似ているとのお話がありましたが、飛鳥や淀江の風景がダブりました。
  •  

  • この映画が鳥取県内で撮影されたことに感謝!
  •  

  • 藤田さんの屈託のない笑顔と手話表現に惹かれました。
  •  

  • 早瀨監督の熱い想い、藤田さんの人柄、平井知事の裏話は、どれも映画を楽しむため、掘り下げるために聞けてとっても良かった。

上映会各回終了後にサイン会を行いました。皆さまにご満足いただけた一日となりました。